ここらで政治混迷期の株価推移を振り返っておこう その2

スポンサーリンク

前回からの続きです。
抽出の前提は前回記事をご確認ください。

鳩山内閣~野田内閣

民主党政権下の3年です。内政・外交の迷走、円高、東日本大震災など、株式市場としても暗い時代として語られることが多い期間です。

この間のTOPIXは▲19.9%。
対象企業1,705社のうち、上昇639社、下落1,052社、変わらず14社でした。

リーマンショックという世界的な経済危機を経験した前3年と比べて、株価が数倍になっている会社もそれなりにあるなど、優勝劣敗がはっきり表れた期間であったと言えるかもしれません。

騰落率上位の50社です。

1遠藤照明                2642,855981.4%
2スターティアホールディングス116893667.4%
3ジェイ エイ シー リクルートメント27168515.8%
4コシダカホールディングス20114467.7%
5MonotaRO47263464.6%
6システムインテグレータ83417402.2%
7キャリアデザインセンター105498372.5%
8ルックホールディングス4901,965301.0%
9WDBホールディングス101393287.8%
10シップヘルスケアホールディングス6822,626285.0%
11フジ・コーポレーション154585279.9%
12クスリのアオキホールディングス2781,018266.7%
13サンリオ                8002,891261.4%
14イーエムシステムズ75252238.3%
15アンリツ                3081,037236.7%
16コスモス薬品1,1383,795233.6%
17サックスバー ホールディングス219711224.4%
18VTホールディングス70225221.4%
19タツタ電線               232737217.7%
20アークランドサービスホールディングス119373212.8%
21クリーク・アンド・リバー社155460196.8%
22栗本鐵工所               9202,680191.3%
23日産東京販売ホールディングス112326191.1%
24エムスリー125362190.1%
25ナガワ                 5501,589188.9%
26ディー・エヌ・エー9002,576186.2%
27スペースバリューホールディングス122340178.7%
28ツガミ                 182506178.0%
29TBK150409172.7%
30サニーサイドアップグループ68180166.8%
31フルキャストホールディングス 61160164.0%
32システムソフト             50131162.0%
33ハブ119307158.5%
34ワッツ219553151.9%
35ゴールドウイン             246619151.2%
36ガンホー・オンライン・エンターテイメント247619150.3%
37カナモト                390972149.2%
38メディカルシステムネットワーク173427147.5%
39三光合成83203144.6%
40シード                 127306141.5%
41ひらまつ115277140.6%
42ユナイテッドアローズ8402,020140.5%
43アルトナー71170138.4%
44セントケア・ホールディング154364137.1%
45アドバンテッジリスクマネジメント60141136.3%
46エイジア80189136.2%
47いすゞ自動車              400938134.5%
48ファーマライズホールディングス226527132.9%
49SUBARU366849132.0%
50富士通ゼネラル             321740130.5%

遠藤照明の何たるかは全く知りませんが、外食、ドラッグストアなどの内需を中心にこの期間においても成長を遂げた会社が多い印象です。スマホが一気に普及した時期でもあるので、それに関連した企業もいくつかあります。

ワースト30です。

1676ステラケミファ4,9201,442-70.7%
1677ミクシィ1,098320-70.9%
1678レオパレス21              803234-70.9%
1679ゴルフダイジェスト・オンライン26575-71.7%
1680りそなホールディングス1,224346-71.7%
1681新光電気工業              1,817507-72.1%
1682SUMCO2,150592-72.5%
1683新日本電工683187-72.6%
1684BEENOS834225-73.0%
1685東京製綱                3,450920-73.3%
1686川崎汽船                3,8501,020-73.5%
1687東京機械製作所             1,510380-74.8%
1688ブイ・テクノロジー3,265793-75.7%
1689東京製鐵                1,152279-75.8%
1690日本板硝子               3,100740-76.1%
1691船井電機3,990943-76.4%
1692東洋電機製造              4,3751,030-76.5%
1693アルバック2,550576-77.4%
1694中山製鋼所               1,800390-78.3%
1695日本アジアグループ938202-78.4%
1696ACCESS2,602530-79.6%
1697トクヤマ                3,550675-81.0%
1698大幸薬品1,320242-81.6%
1699関東電化工業              686125-81.8%
1700日本マイクロニクス829142-82.9%
1701シャープ                10,5001,790-83.0%
1702NISSHA5,010736-85.3%
1703日本冶金工業              4,940680-86.2%
1704ランド868-90.7%
1705東京電力ホールディングス2,370126-94.7%

やっぱりこっちの方が示唆が多い気がしますね。

次回は、アベノミクス期間を含めたパフォーマンスを見ていきたいと思います。(損切りしました)

コメント

タイトルとURLをコピーしました